2009年05月26日

社会科見学

高等裁判所.jpg

用事があって裁判所へ行ったついでに、裁判の傍聴をしてきました。
公判リストをぺらぺらめくって、民事裁判の中から数分後に始まる5?8法廷へGO!


傍聴人は私ひとり。ちょっとさみしい。

自転車と車の交通事故、損害賠償の裁判でした。証人尋問です。

最初に原告が宣誓文を読み上げます。(あとで被告も同様に)
全員起立。「あ、傍聴人も立つの?」と考えてるうちに宣誓終了。
どうしたらよかったのかな。


尋問が始まります。
二人の弁護士からネホリハホリ訊かれて、正確に答える。予定調和が大部分とはいえ緊張しますね、これは。こと細かい質問に対し、余計なことや不利なことを言わないように、一言一句細心の注意を払っている印象を受けます。
場慣れは大事なので見といてよかった。被告にも原告にもなりたくないけど。


被告側弁護士、質問に対してトンチンカンな答えの原告にイライラしている模様。
裁判官は、しつこく同じ質問を繰り返す弁護士に対してイライラしておりました。
「そこ、こだわります?」とたしなめ、弁護士をギロリ。そんなのが数回。

とにかく裁判所内はイライラしている人が多いですね。
受付の人に八つ当たりしたり、郵便局員に怒鳴り散らしたり。
・・確かに、ちっとも平和な場所じゃないですもんね。
なにしろ部屋という部屋、全部事件ですから。事件のカタマリです。


話は法廷内に戻りますが、速記官が話している人の顔をじーーっと見ながら入力してたのは意外でした。顔色記録官か?と思う程にです。どんな言葉を発したか、口元も見た方が正確だからでしょうか。耳を澄ませていると、ハタハタとかすかに音はするものの、回数からしてキーボードではないようです。家に帰って調べたら「速記タイプ」というものがあるんですね。こんなの初めて見ました。


尋問終了後はなんとなく弁護士と裁判官の打ち合わせのようになって、私も原告、被告とともに席を外すよう言われて外に出ました。



そして、第二回戦。6?2法廷へGO!

傍聴人は私を含め4人です。心強いわ。

このお部屋では男性3人、女性1人、円卓で何やら和やかな打ち合わせ風。
えーっと、いつになったら始まるんだろ。

と、待っていたら「本日の法廷はこれで終了です」とのこと。

3人でスケジュール調整しただけ!(に見えた)

正味7分。こんなのもあるのね。



さて。お昼はせっかくなので、お隣の農林水産省の食堂へ。
何となく、おいしそうだから?

でもべつに、普通でした。しかし、もりそば/かけそば、200円という安さ!
もちろんセルフサービスですので、厨房から受け取ります。
そこに「国産の小麦粉、そば粉を使ったうどん、そばの受け取り口」とかなんとか長ったらしく書かれていたのには笑いました。きっと何かのガイドラインですね。
少し遅めの昼食だったので、麺類しかなかったのが残念。また行こう。

また、同庁の「消費者の部屋」ってとこで、米粉キャンペーンが催されていて、ありとあらゆる米粉製品の展示、そしてパンや麺など試食出来ました。大変親しみやすい企画です。が、なかなかこんなとこまで気軽に来られないよねぇ。



最後に余談ですが、高等裁判所内にある郵便局から手紙を出すと「高等裁判所内」という消印が押されます。ちょっとコワイ系の手紙を出したい方にはオススメですよ。
posted by カカカ at 01:29| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裁判所の中ではありとあらゆる部屋で揉めているのね〜。みんな大変。
ところでトンフル予防のため、裁判所内でもマスクを…というニュースを洗濯干しながら見たように思うのだけど、みんなマスクはしていなかったの?速記者が「仕事にならん!」とか言って反対したのかしら?
Posted by ひそそか at 2009年05月27日 01:37
裁判。キッ!
>コワイ系の手紙を出したい方にはオススメですよ。
コワイ系の手紙ってナニ?ナニ?
いま、友人のオットをバラバラに解体して捨てる主婦たちの本読んでて、コワイのでし。コワイのでし。
ほっこりしようと思って小僧に来たのに、ここも諍いと犯罪のニヨイがプンプンするでし。
食堂が安いのは好感もちますた。
Posted by 青グリン at 2009年05月28日 22:51
ひそそか
>ありとあらゆる部屋で揉めている
そうなのでした。みなさんモメゴトを抱えて大変です。休憩室でお茶飲んでても、ふつうの世間話は聞こえてこなかったし。

速記官に興味を持ったのでその後ちょっと調べてみたのですが、やはり口元を凝視するのは基本のようですね。それにしても半端ナイ観察のしかただった・・。きっと証言の途中で咳したら記録に残るのでしょう。クシャミとかも。

ところで、二回戦で飛び込んだ6?2法廷は、ひっきりなしにラップ音がしてました。怨念がしみついた部屋だったのかな・・。コアイです。
Posted by カブ子 at 2009年05月29日 00:18
>そば粉を使ったうどん
そばかうどんかどっちですか
Posted by yas at 2009年05月29日 00:19
ぐりんさん
判決。キッ!
コワイ系の手紙って、もちろん敵に出す手紙です。
切手に凝り飽きたら、次は消印ですね! どうどう?グリンさんも。
調べていたらマニアのサイトを見つけたのでリンク貼っておきますね〜。

オットをバラバラに解体して捨てる本・・うわ・・バラバラはやめてー。
その裁判を想像したらコワイです。
ちょっと前に問題になりましたよね。江東区のバラバラ殺人の公判について。刑事裁判の公判リストには覚醒剤モノや殺人モノが多く、気味が悪くて傍聴する気になれませんでした。民事でも、他人の知らなくてもいい事実を知る羽目になるというのは、あまりいい気分ではありませんでした。性犯罪だったとしたらぞっとします。

あ、ほっこりとかけ離れてしまってすみませんね。おろろん。
Posted by カブ子 at 2009年05月29日 00:46
yaっさん
そばとうどんのところは、記事の中で一番細心の注意を払ったところなのに。

「国産の小麦粉、そば粉を使ったうどん、そばの受け取り口」

>そば粉を使ったうどん
うっ。これじゃ、国産の小麦粉が受け取り口から受け取れるってことになってしまいますね。こんなスキがあっては裁判に負けてしまいそうです。読点、要注意ですね。

でも、そば粉を使ったうどんが出てきたら、それはそれでうれしいです。農林水産省、やるじゃん。
Posted by カブ子 at 2009年05月29日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。