2009年04月05日

こだわりどころ

どうでもいいことなんですけど、またシーツについて。

旧型はこれ。

DSC_0607.jpg

3年間がんばったのでクタクタのしーつ。いくら忙しくても、アイロンだけはかかしませんでしたよ〜。のりづけまではできなかったけど。


新型はこれですね。
敷き布団用のサイズが大きくなりました。

DSC_0603.jpg

15cm×40cmの白布に名前を書いて縫い付けなくてはなりません。
15cm×40cmって、ちょっと大きすぎる。なので勝手に12cm×30cmにさせていただきます。ひかえめな変更。布も白布じゃないけど、名前が読めればいいでしょう。

名前は活字にしたいというこだわり。細部をつめることで、パッと見の完成度がグッとあがるものなのです。たぶん。(縫製がアヤシイので)ごまかし とも言えますね。


本当なら洗濯に強いシルク印刷にしたいところなのですが、残念なことに環境が整っていないので、アイロンプリントにします。

旧型は「しねきゃぷしょん」というフォント(映画の字幕の書体)、今年はスタンダードな「ヒラギノ丸ゴシック」にしました。

大好きなプリンタ、マイクロドライプリンタMD-5000で印刷します。
マイクロドライは3代目です。4色刷るのに紙が4回行ったり来たり。バタバタ音鳴らしながら交換するインクはカセット型。こんな方式を考えるのはALPSならではですね。もともとワープロの紙送り機構を専門に作っていたメーカーだっけ。?。


さて、印刷した文字、ひともじひともじキワで切り抜くので結構時間かかりました。

DSC_0598.jpg


アイロンかけて、紙をはがします。

DSC_0599.jpg


仕上げに、シリコンコーティングした紙で熱圧着。

くっきり。

DSC_0602.jpg



やや・・そんだけなんですけど・・。

字がキレイだったら、マジックで書きます。。。
posted by カカカ at 02:31| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、いいのが完成しますたね。
模様がすてき・・。
布団は綿を打ち付けるのはしないんですね。なんちゅーことさせるんじゃと思って同情してますたが、布団の包布を作るんですか。これでも、寸法に保育の決まりがあってなかなかウルサイものですね。
ヤレヤレ、これでお昼寝できる。よかったよかった。

Posted by 青グリン at 2009年04月05日 22:19
●グリんさん
うう、ねむいわ。ねむいねむい。

いいのが出来たでしょ? でもね、カドをどう処理したらいいかわからないの。袋縫いしたら、角のところがどうしてもごろごろしちゃうんだけど・・。

布団打ちはさすがにしませんよう〜。でもいざするとなったら、綿花の栽培からやってしまいそうです。大麻と間違えないようしなければ。つかまっちゃう。

>寸法
そうなのです。同じ大きさの毛布が入るはずなのに、保育園によって仕上がり寸法(図面)に多少の認識の違い(1cm大きかったり小さかったり)があったりするのです。私は几帳面なので、きっちり計って図面通りにしました。ステンレス製の1mのスコヤ、1.5m定規、コンベックスなど、お裁縫とはかけ離れた道具でがんばりましたわ。

Posted by カブ子 at 2009年04月08日 02:17
ああもう、カドの処理は家庭科で習ったでしょーがっ?
カドの部分を正方形にちっこく切り取っておくだけで、すっきり綺麗に仕上がるのですよ。
次回シーツを製作する際にはやってみてください。
Posted by ひそそか at 2009年04月08日 22:08
●ひそひそそ
一回目縫って裏返す時、カドの部分は三角に切り落としたの。で、二回目の袋縫いした後も切り落とすのかすら?? そこがわかんなかったのー。切り落としたらせっかくの袋縫いがぁー。細かいとこ気にし過ぎ?
Posted by カブ子 at 2009年04月12日 00:38
体操服に名前入りゼッケンをつけなければいけないことを、この記事を読むまですっかり忘れていました。ありがとう。これでいつ体育の授業があっても大丈夫です。
マジックで書くつもりだったけど記事を参考にしてアイロンプリントしてみたら売りにいけるほどミントにできました。ありがとうありがとう。
Posted by ひより at 2009年04月12日 14:17
○ひよひよ
ミントなゼッケンの完成、おめでとうおめでとう〜。多少なりともお役にたてて嬉しいです。

ミントってエクセレントよりも遥かに上なんですね。例の「ミント」というトレーディングカードショップのサイトで知りました。
(↓半分より下の方。結構スクロールしないと出てこない。全部読んだらアナタもマニア♪)
http://mint-web.jp/?mode=f9

何故ミントを知ってるかというと、ソフトボールのチームメイトが昔テンチョだっただけなんですよ。カード収集の趣味があるわけではないのよう。

おお、いけない。話がミントだらけになっている。スーハー。

で、ゼッケンは無事つけられたようで安心しました。しかし「体育の授業」ときくとギクッとします。体育の授業のある日に体操着を忘れる夢を定期的に見る私は、そうとうトラウマになっている模様。ひよ子さんはそんなトラウマを背負いませんように。

ちなみにフォントはまさか江戸勘亭流とかじゃないでしょうね? だとしたら軽い虐待です。ひよ子さん、大人になっても体操着の夢など見ませんように。

Posted by カブ子 at 2009年04月12日 23:10
すっかり出遅れてしまいました。今更でごめん。
しかしすんばらしいシーツですね。色も柄もすてき。そしてこだわりどころの名前、すごすぎー。
わたくしは卒園時、シーツ一式同じクラスの子の弟くんにゆずりわたしてきましたが、こりはうちのこちゃんの卒園時にゆずりうけたいぐらいの出来映えです。
Posted by にんじん at 2009年04月17日 21:50
南の島から帰ってきて親不知をぬいたにんじんさん、こんにちは。
かなり痛みが激しかったようですね。おきのどくに・・。もうおせんべやキャラメル、食べられるようになりましたか?

さて、にんじんさんがあんなことやこんなことをしている間に、シーツも出来上がり、カナダアニメーション名作展も終わり(これは前にも書いたか)、緑色のシーツは9日間、黄色のシーツは5日間使いました。明日は黄色のシーツの洗濯です。

あ、お褒めいただきありがとうございます。今回は時間がほんとになくて、出来る事なら外注に出したいと思いましたよ〜。シーツの製作に6時間、名前を仕上げるのに3時間もかかりました。材料費と人件費考えたら・・・既成のシーツって安いですね〜。

シーツの名前はこだわるわりに、着替えにつける名前は、洗濯表示タグに三文判をペタ、と手抜きです。でもこれ、いい方法だと思いませんか?

>ゆずりうけたい
名入れ、いたしますよ♪
Posted by カブ子 at 2009年04月18日 02:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。